1. About us

  2. Products

  3. Sparkle®の持続的な環境への配慮

  4. media掲載情報

  5. ITEMS

  6. Models photo

  7. MOVIE

  8. Webmaster`s Room

歴史

古来神話が脈々と受け継がれる神秘日本の歴史

日本列島での最初の人間の居住は、紀元前40,000年頃の先史時代にさかのぼります。縄文時代は、その紐が付いた陶器にちなんで名付けられ、紀元前1千年紀に弥生時代が続き、大陸アジアから新しい技術が導入されました。この期間中、日本への最初の既知の書面による言及は、紀元1世紀に漢書に記録されました。
4世紀から9世紀にかけて、日本の多くの王国や部族は、名目上は日本の天皇によって統治された中央政府の下で徐々に統一されるようになりました。この皇朝は日本を治め続けています。
794年、平安京に京都帝国時代の新しい首都が設立され、1185年まで続く平安時代の幕開けとなりました。平安時代は日本の古典文化の黄金期と見なされています。この時代以降の日本の宗教生活は、先住民の神道の実践と仏教の混合でした。

その後何世紀にもわたって、皇帝と宮廷の権力は衰退し、最初に文民の貴族の最も優れた氏族、特に藤原に、次に軍の氏族と武士の軍に渡されました。
源頼朝政権下の源氏は、1180〜85年の元平戦争で勝利を収め、ライバルの平氏を倒した。政権を掌握した頼朝は、鎌倉に首都を構え、将軍の称号を手にした。 1274年と1281年には、鎌倉幕府は2回のモンゴルの侵略に耐えたが、1333年には室町時代の幕開けを告げるライバルの幕府に倒された。
室町時代、大名と呼ばれる地域の武将は、将軍を犠牲にして勢力を拡大した。結局、日本は内戦の時代に陥りました。 16世紀後半の間に、日本は著名な大名織田信長と彼の後継者である豊臣秀吉の指導の下で統一されました。
1598年の秀吉の死後、徳川家康が権力を握り、天皇に将軍に任命された。江戸時代(東京近郊)を統治していた徳川幕府は、江戸時代(1600〜1868)と呼ばれる平和で繁栄した時代を主宰しました。
徳川幕府は日本社会に厳格な階級制度を課し、外界との接触をほぼすべて断ち切りました。ポルトガルと日本は1543年に最初の提携を開始し、ポルトガル人は南の群島に上陸して日本に到着した最初のヨーロッパ人になった。この初期の限られた相互作用でさえ、彼らは日本に大きな影響を与え、日本の戦争に銃器を導入しました。
1853年から54年にかけてのアメリカのペリー遠征は、日本の隔離をより完全に終わらせました。これは幕府の陥落と1868年の房信戦争中の天皇への権力の回復に貢献しました。次の明治時代の新しい国家主導は、隔離された封建島国を西洋のモデルに忠実に続く偉大な国になった帝国に変えました。
 民主主義が発展し、近代の文民文化が大正時代(1912〜26年)に栄えたが、日本の強力な軍隊は偉大な自治を持っており、1920年代と1930年代に日本の文民指導者を覆した。 1931年に軍が満州を侵略し、1937年から紛争は中国との長期にわたる戦争にエスカレートしました。 1941年12月の日本の真珠湾攻撃は、米国およびその同盟国との戦争につながりました。日本軍は間もなく過大になりましたが、軍隊は人口密集地域に深刻な被害を与えた連合国の空爆にもかかわらず抵抗しました。 1945年8月15日、広島と長崎の原爆投下とソビエトの満州侵攻を受けて、弘仁天皇は日本の無条件降伏を発表しました。
同盟国は1952年まで日本を占領し、その間に1947年に新しい憲法が制定され、日本を立憲君主国に変えました。 1955年以降、日本は自由民主党の統治下で非常に高い経済成長を享受し、世界経済の大国となった。

戦後、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) の占領政策に基づいた象徴天皇制、国民主権、平和主義を定めた日本国憲法を新たに制定した。同盟国は1952年まで日本を占領し、その間に1947年に憲法が制定され、日本を立憲君主国に変えました。1952年、日本は世界銀行と国際通貨基金に加盟した。
1955年以降、日本は自由民主党の統治下で非常に高い経済成長を享受し、世界経済の大国となった。1960年代、日本の国民総生産は証券不況にあえぎながらも高度経済成長をとげた。1966年(昭和41年)にフランスを、1967年(昭和42年)に英国を、1968年(昭和43年)には西ドイツをそれぞれ追い抜いた。これをもって米国・ソビエト連邦に次ぐ世界第3位にのぼりつめ、日本は先進国とな>った。人気のアニメ、ゲーム、車など世界をリードする産業を生み出したが高度経済成長を経て世界第2位の経済大国になり、景気が上向きになる。

しかし20世紀後半にバブルが崩壊し、長らくその影響が残った。今後はどうなるか、日本よ。

参照1:https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_Japan
参照2:ウィキペディア日本の歴史

地理

Geography of Japan

日本は約7,000の島からなる島国で、国土の大部分は、北海道、本州、四国、九州の4つの大きな島によって占められています。
東西南北ともに約3,000キロメートルの長さがあることから、47の都道府県に分かれ、それぞれの地域で異なった気候、歴史的・文化的な魅力があります。
日本全国に高度に発達した公共交通網が張り巡らされ、時間に正確で安全な交通機関が有名です。

 

日本は、東アジアの太平洋岸に沿って3,000 km(1,900マイル)を超える成層火山群島で構成される島国です。6,852の島々で構成されています。主な5つの島は、北海道、本州、九州、四国、沖縄です。 6,847の離島があります。琉球列島と南房島は、本島の南と東にあります。
地域の面積は377,975.24 km2(145,937.06平方マイル)です。世界で4番目に大きな島国であり、東アジアで最大の島国である。国の海岸線は29,751 km(18,486マイル)で6番目に長く、排他的経済水域は世界で8番目に大きい4,470,000 km2(1,730,000平方マイル)です。
地形は主に険しく山が多く、67%が森林です。人口は海岸、平野、谷の都市部に集まっています。日本は北西部のリングオブファイアの複数の構造プレートに位置しています。日本列島の東には、3つの海溝があります。日本海溝は、大陸のオホーツクプレートの下に太平洋太平洋プレートが沈み込むことによって作成されます。連続的な沈み込みプロセスは、頻繁な地震、津波、成層火山を引き起こします。島は台風の影響も受けています。沈み込みプレートは、日本列島を東方向に引っ張り、日本海を作り出し、1500万年前に背弧拡大によってアジア大陸からそれを分離しました。
日本の気候は、列島の中央を縦走する山岳地帯を境に太平洋に面している地域と日本海に面している地域とで大きく異なる。北海道と本州の高原地帯が亜寒帯、南西諸島の一部は熱帯、それ以外の地域は温帯に属しているが、南北で気温差が大きい。

冬は、冷たい北西季節風が強く、日本海側は雪が多い。一方の太平洋側は、晴天に恵まれて空気の乾いた状態が続く。 気温の変化は次第に北上していき、冬から春、春から夏へと移り変わる。 長雨の時期である梅雨の後、晴れが多く高温多湿の夏を迎える。8月後半の残暑と入れ替わりに、秋雨と台風の季節を迎える。

 

参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Geography_of_Japan
参照2:ウィキペディア日本の地理
画像:気象庁
動画:JNTO

文化

一寸の虫にも五分の魂

日本には四季が育んだ豊かな風土があり、土地柄に根ざした伝統文化や慣習が残されています。その一方で、優れた革新性やハイテク技術を有する特色ある国です。高度な技術基盤に支えられた高密度・高容量の公共交通網、そして伝統を重んじる宿やハイテクを重視した宿、そのハイブリッドなど、多種多様な宿泊施設が充実しています。さらには、夜も安心して外を歩くことができる、世界で最も治安のよい国のひとつです。2019年では東京が都市としての安全性が世界一でした。

◆日本の宗教観と自然観

世界と日本の違いを考えるとき、本当の「日本の文化」が見えてきます。

欧米や唯一神教の世界では、人間と自然とは明確に区別されているようですね。ところが、日本ではそれらを区別せず一体であると考える向きが強いようです。日本人のこの考え方は、言葉や数値で表すことが難しく、「エビデンスが重要」などと叫ばれる現代の経済圏では肩身が狭いところもあります。しかし、この線引きの曖昧さが日本文化の特徴となり、和食やアニメなどの個別のカルチャーを通じて、『日本の形』『日本の在り方』が世界の人々の心に直接響いていると感じています。

時に日本人は特に信仰する宗教がないと自分で言ったりしますが、それは間違いです。

実際には、民間的(集落的)に伝え受け継がれる真摯な宗教心を持っており、それを源とする心を持っているのです。たとえば、多くの日本人は鳥居や神社仏閣、お墓を尊重します。罰当たり、という言葉も使います。

それでも、日本人は宗教を意識してはいません。

それは、本質的には神も仏も同一だと考えているからです。多くの日本人は人は死んだら仏(神)になると信じているのです。この「信じている」は本当にそうなるという事実の認定ではなく、死んだ人は神や仏として敬うもの、という共通意識です。

死んだ人のことを、その直後に悪し様に言うのは軽蔑される行為に当たります。そこに確かに「死」に対する敬いや畏怖があるのです。ところが、これらを意識している人はあまりいません。

元々日本人は、一つの宗教や宗派へ帰属する意識の強い人に対しては、一定の距離を置いて付き合う傾向があります。同時に、他の宗教や宗派についても寛大で、時に無関心ですらあります。誰が何を信仰していようと、自分の生活に影響がないなら気にしないのです。なので、初対面で宗教を訊ねることはありません。むしろ大変な失礼に当たることもあります。

これは、海外の方からすると信じがたい慣習のようです。

日本人の多くは、仏教もしくは神道を信仰しています。とはいえ、この信仰はとても緩く、時に両方を同時に信仰する形です。日本人は、寺にも神社にも初詣に行き、その違いをあまり意識しません。

どちらを選んでもいいし、片方にこだわる人をむしろ異端と見なす傾向があります。メリークリスマスという挨拶を普通に使い、豆まきやハロウィンを楽しみます。

ちなみに、神道とは日本人の生活そのものでもあります。日本人の信仰は生活の一部なのです。神国であると同時に仏国である日本は、道ばたに生えている名もなき雑草にさえ神性があり、仏性があると信じられています。だから、森や山を人間の都合で伐採したりすることは罰当たりだという考えも強く、自然に対して畏敬の念を抱いています。

これは、宮崎駿監督の映画「もののけ姫」のテーマでもありましたね。

日本人にとって人間は特別に選ばれた存在ではなく、大自然の一部に過ぎません。

生命を維持してゆくための「天地山水」の恵みを受けています。全ては大自然からの借り物であり、いずれ死とともに大自然に返る。日本人が、食事の前に「いただきます」と手を合わせるのは、命への感謝の気持ちの表れです。

スタジオジブリの映画も、ストーリーの裏にこのような日本の心が描かれています。世界で人気を博した理由の一つは、この「日本の描き方」なのでしょう。

 

日本人は、動物はもちろん植物や、時には無機物にまで魂があると信じ、尊重してきました。動物が人間に化けて世話になった恩返しをするという話は、多くの伝説やおとぎ話に出てきます。日本人は、動物が人間同様の恩や感情をもつことに何の違和感ももたないのです。使い古した針への感謝を表す「針供養」の習慣も、無機物が神性を持つことに疑問を持っていないことを意味しています。また、付喪神と言って、長い年月を経た道具などに神や霊が宿るという考え方も一般的です。このような「物に精神が宿る」ということをテーマにした物語も多く見られるのです。

これは原始宗教としてのアニミズムではありません。現代にも通用する世界観であり、流行の漫画や小説などの娯楽作品でもごく普通に見られる考え方です。同時に、日本人は神は完璧ではないとも考えています。死神、疫病神、貧乏神という言葉もあります。触らぬ神に祟りなしという諺もありますね。

また、日本人は自然を畏敬し、自らはその一部にすぎないとの謙虚さを持っています。そのため、他人に対しても謙虚である傾向があります。よく他に耳を貸し、自分の中で反省し、全体のために自分を抑えることは自分のためになる、という考え方です。

全体がよりよくなれば自分にもその恩恵がある。私利私欲を出せば我も我もと皆が続き、混乱して皆が損をする。そう考えているので、災害の後も、整然と店や配給の行列に並ぶのです。これは、海外の方にはよく驚かれますが、集団を尊重することが個人の利益につながると常に教わってきた故の行動です。

個性が弱いとも言われますが、この価値観の中で育まれた思いやり、助け合いの心が尊いとされています。

日本は、国土の約七割が山岳地帯で、67%が森林と言われる緑豊かな国です。そのため、季節の移ろいにも敏感で、季節との一体感をもつことを美徳と感じ、好んでいるようです。

和食も俳句や手紙も、季節を表現し、観るものに喜びを与えています。大自然を畏れ敬い、四季折々の美しさを愛で、秩序を重んじる和の精神があるのです。

とはいえ、現代の日本人は、強く欧米文化の影響を受けています。特に戦後は、欧米の思想・文化に触れ、それを受け入れてきました。しかし、決して英語を公用語にせず、1500年以上前の中華文化圏の漢字や国字と言われる日本で誕生した漢字を使用し続け、ひらがな・カタカナという独自文化を維持してもきました。

文化を取り入れ、しかし取り入れすぎず独自のものにしていく特徴が日本にはあります。

これは、世界標準から外れることを意味しており、実際にスマートフォンの分野で日本企業は後れを取りました。ガラパゴスケータイなどと言われますが、この名前も日本人の自嘲から生まれています。

自分たちが世界標準ではないことを、日本人は良くも悪くも意識しているのです。

また、日本は世界標準を作り出すのは、あまり得意ではありません。GAFAと並ぶ企業は日本からまだ出てきていません。さらにいえば、横一列の日本の教育では、出る杭は打たれます。同調、共感、忍耐を土台に社会が成り立っているため、窮屈な思いをしている人も多いでしょう。

しかし、それもまた日本の特色です。

もちろん、日本の外にあるいいものを日本は取り入れていくべきです。同時に、日本の独自性が日本の発展を促したことも忘れてはいません。日本は今後も、特徴ある国として栄えていくことでしょう。

 

HIGH LIGHTS

日本旅行のおすすめ

①寿司・日本食

②東京

③富士山

④温泉

⑤すもう

⑥着物体験

⑦公園・庭園

 

Tripadvisor
things to do JAPAN